今すぐお金大作戦|※借りたい人が本当に使える16のノウハウ

今すぐお金を借りたいのに借りれない。

お金を借りる方法はどれがいいのかわからない。

ブラックだから審査に落ちてしまう。

このページでは、お金を借りたいあなたが今すぐ使える本当の10のノウハウを紹介します。

まずはノウハウをよく知ることで、悩みや不安を解消させましょう。

 

1.消費者金融でお金を借りるにはどうすればいい?

消費者金融でお金を借りる場合、まずは自動契約機や店頭、インターネットで申し込みをして、審査を受け、契約をする必要があります。

 

契約する際には免許証など本人を確認できるものが必要で、申し込みから融資可能となるまでは、審査に通れば約1~2時間となります。

 

消費者金融でお金を借りるメリットは、審査完了となるまでの時間が早く、即日融資にも対応している部分です。

また、借り入れも返済もATMを利用して行うことが可能で手軽に借り入れや返済ができるのも、大きなメリットといえます。

 

デメリットは金利が安くないという部分が大きいでしょう。

 

2.銀行でお金を借りるにはどうすればいい?

銀行でお金を借りる場合、郵送やインターネット、店頭で申し込みをして書類を記載し、ローンやカードローンの契約をする必要があります。

 

契約には免許証など本人が確認できる書類が必要です。

 

口座は所持していなくてもローンを組むことができたり、ローン契約時に申し込んだりすることができます。

 

銀行でお金を借りるメリットは、金利が比較的安い商品があるという部分です。

 

デメリットは、現在「即日融資」に対応していないということです。

銀行でローンなどの契約をする場合、申し込みから融資までは日数がかかるため、急ぎでお金を借りたいというケースには向いていません。

 

3.郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りるにはどうすればいい?

あまり郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りるイメージはありませんが、郵便局でもお金を借りることができます。

ここでは借りる方法とそのメリット・デメリットをご紹介します。

 

郵便局でお金を借りるには、定額貯金や財形貯金を担保にする方法があります。

 

メリットとしては、比較的に高額の借入ができます。

少額の借り入れを何社もするよりも一つにまとめることができるので便利です。

 

デメリットとしてはやはり、財形貯金や定額貯金の利用者限定ということでしょう。

 

郵便局を日頃から利用しており、時間に余裕がある方にはお勧めできます。

 

4.クレジットカードでお金を借りるにはどうすればいい?

クレジットカードでお金を借りるには手続きが必要です。

 

サイトでいくら借りるかを入力し、決められた金額以上の金額が必要だと年収証書の画像をそこでアップロードしなければいけません。

 

受け取り方は口座振り込みかATMでの受け取りです。

 

この方法のメリットはやはり手続きが簡単なことでほぼネット上で済みます。

もし銀行などで借りるとなるとこのようには行きません。

 

しかし、その分デメリットがありそれは利率が高いことです。

年利が大体15~18%と高額で、良心的とされる利率は5%ほどだと言われているので何となく使わない方が良いでしょう。

 

5.質屋でお金を借りるにはどうすればいい?

金融事故を起こした人でも質屋からお金を借りることが可能ということです。

 

お金を借りる別の方法として、カードローンやクレジットカードなどがあげられますが、こちらは金融事故を引き起こしてしまうと、再度お金を借りることが非常に難しくなります。

 

カードローンやクレジットカードを利用して借りたお金が支払期日を過ぎてしまった場合、金融事故という扱いになります。

 

その点、質屋では支払期日を過ぎたとしても「質流れ」という、質屋側で担保が売却されるだけで督促などはないということです。

 

ただしデメリットもあります。

「質流れ」になってしまうと、その担保を取り戻すことが非常に難しくなってしまうことです。

担保の所有権が、利用者から質屋のものになり、売りに出されて、買わない限り、その担保を取り戻すことはできなくなってしまいます。

 

質屋を利用する際はメリットやデメリットが存在することに注意しましょう。

 

6. 勤務先からお金を借りるにはどうすればいい?

勤務先からお金を借りると一言で言っても、その融資の方法はいろいろあります。

 

例えば勤務先が金融機関と提携をしており、社員にその金融機関のローンを紹介しているようなケースです。

 

その場合、金融機関は企業から在籍者の紹介を受ける事で一定の金利の割引などを提供しているという事が一般的です。

 

また、勤務先は金融機関と提携をするのではなく、自らお金を従業員に貸している事があります。これは言ってみたら給料の先払いになります。

 

いずれの方法にしてもお金を借りる側からすると金利が一般的なローンよりも安いというメリットがあります。

 

一方でデメリットはお金を借りるという行為を会社側に知られてしまう事、また会社を辞める場合には一括して返済をしなければならなかったり、辞める時点で金利が一般のローンと同等のものに引き上げられるという事があります。

 

 

7. 闇金から借りてはいけない理由とは?

銀行やクレジットカード会社にお金を返さないでいると評価が悪くなりまともな会社からはお金が借りられなくなります。

 

そんな時の救いの神が闇金で、信用力がまったくない人にもお金を貸してくれます。

 

しかしそれこそが闇金の唯一のメリットであとはデメリットしかありません。

 

法律では利息は20%までとされていますが闇金は10日で30%というまさに法外な利息をつけてきます。

 

1万円借りたら10日後にはそれが1万3000円になり、さらに10日後には1万6000円・・・ではなく30%アップですから1万6900円、さらに10日後には2万1970円と1ヶ月で倍になることがお判りでしょうか?

 

とても返済できるものではありませんが、返さないと違法な取り立てがされたり個人情報を怪しい組織に売られたりとまともに暮らせなくなるので利用しないようにしましょう。

 

 

8.生命保険でお金を借りるにはどうすればいい?

生命保険会社からお金を借りる時は、今契約をしている生命保険の契約がその融資の担保となります。

 

具体的に言うと、今まで生命保険会社に支払った保険料に対する解約返戻金の範囲内でお金を借りる事が出来る訳です。

 

ですから万が一、借りたお金を返済出来ない場合は生命保険契約自体が無効となり解約返戻金相当額は生命保険会社に担保として取られるという事になります。

 

生命保険会社からお金を借りるメリットは審査が通りやすいという事があります。

 

一般の金融機関であれば勤続年数や資産(住宅など)の状況により融資の可否を判断します。

 

けれども生命保険会社からお金を借りる時には契約をしている生命保険の解約返戻金という担保があるので融資が受けられやすいという事です。

 

一方でデメリットとしては、これは保険会社によって異なりますが、返済は期限が来た時に一括して返済をしなければならないという事です。

毎月、少しずつ返済を行なっていく通常のローンと比べて負担感が大きいかもしれません。

 

また、金利は他の金融機関と比べて、あまり違いはなく生命保険を契約しているからと言って、特段の優遇金利の適用を受ける訳ではありません。

 

 

9.ブラックリスト入りの人がお金を借りる方法はあるの?

ブラックリスト入りの方がお金を借りるには、おまとめローンという方法があります。

 

この方法は消費者金融や銀行でも行なっているところが多いのですが、今までに1社のみならず何社にも渡ってお金を借りてしまって返済が難しくなってしまい多重債務となっている状態を緩和することができます。

具体的にいうと、おまとめローンを頼んだ1社に代わりに他社の借金を返済してもらいます。

 

この方法ならばブラックリスト入りして総量規制に触れてしまっている方でも返済しなければならない額まで借りることができるのです。

 

それからは1社にまとまったローンを1ヶ月に1回のみの返済日に支払っていくという形になります。

 

10.個人間融資は安全ではない理由とは?

個人間融資は名前の通り一個人からお金を借りるということになりますので金融業者からお金を借りるわけではないという点は利点と言えるでしょう。

 

ネットで個人融資の掲示板などがあったりするのでそういうところでアプローチをすれば借りられないことはないです。

 

ですが、金融業として正式に登録されている人がやっているわけではないので闇金に近い性質を持っていると言っても過言ではありません。

 

極めて危ないところといえる可能性が高いです。ですから、素直にそうしたところから借りないようにすることがベストになります。